ミンコタエレキ、ミンコタ部品、アイパイロット販売のHIDE-BOATING by みんこたふりーく

ULTERRAコマンド

ULTERRA強制STOW

ULTERRAには、メンテナンスや一時不具合時にのみ使用する電源ボタンを使用したコマンドパターンがいくつか用意されております。

海上でロワユニットの引き上げ操作不能となった場合、下記手順のいずれかを行い、強制STOW又はTRIMリセットを行って下さい。

【注意事項】
 コマンド後、急にSTOW動作、TRIM動作が開始されます。
 動作クリアランスを十分確保して下さい。

 

強制STOW(ロワユニット強制引き上げ)

 
海上でSTOW操作が不能となった場合などにこのコマンドを使用します。
このコマンドで引き揚げ出来ない場合、トリムSTOWリセットを実施して下さい。

1)Powerボタンを押す。
 →パワーONの状態になる。

2)Powerボタンを10秒間長押しする。
 →赤と緑のLEDが交互に点滅する。
 →STOWが開始されます。

*STOW時、手、指等挟まれて怪我をする恐れがあります。十分ご注意して下さい。
 

TRIMリセット(トリム位置リセット)

 
1)Powerボタンを押す。
 →パワーOFFの状態になる。

2)Powerボタンを押す。
 →パワーONの状態になる。

3)3秒待機する。(何もしない)

4)Powerボタンを『2秒以内に3回』連続で押す。
 →赤と緑のLEDが断続的に点滅する。
 →モーターが最上位置迄トリムアップし、15cm程下がった位置で停止する。
 →赤のLEDの点滅が消灯。
 →緑のLEDが点滅から点灯に変わる。

【備考】
ULTERRAには3箇所のセンサーにより、モーターポジションを検知して、各種動作を制御しております。
 
強風等でプロップ回転が一時的に高回転となり、急な電圧低下が発生した時や、電源ダウンがあった際に、極稀に現在のポジションメモリーを失い、STOW(引き上げ)等の操作が出来なくなる場合があります。

電圧低下が発生している場合、修理/復旧後も必ず再発します。再度御使用になる際は、バッテリー、船内配線、配線の圧着端子、モーターの電源ケーブル、電源コンセント等に浸水、腐食が無いか十分確認を行って下さい。バッテリーは使用頻度に関わらず、最長2年で交換して下さい。

故障ではなく、電圧安定後は引き続き使用出来ます。電圧低下が継続して発生している恐れがある場合は、御使用を御控え下さい。

【その他のコマンド】
ULTERRAには、その他に、トリムモジュール交換、ステアリングユニット交換、コントロールボード交換の際、インストールにコマンド入力が必要です。組み立てただけでは動作しません。

ULTERRAの修理、メンテナンスは、専門知識が必要です。米国ディーラーにて定期的に教育を受けている当店にお任せ下さい。

戻る